logo

「Google Glass」、QRコードに関する脆弱性が修正されていたことが明らかに?

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年07月18日 09時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Google Glass」ユーザーに大きな問題を与える恐れのあったセキュリティ脆弱性をパッチによって修正していた。

 Lookout Securityは5月、Google Glassの脆弱性を発見した。ハッカーがこれを利用することにより、Google Glassで一度スキャンすると、Google Glassに搭載されたコンピュータを介したすべての接続が参照できる恐れのあるQRコードを作成できる可能性があった。さらにハッカーがインターネットを介してペイロードを配信し、Google Glassに大きな被害を与え、情報を盗むことができる恐れもあった。

 Google Glassに接続するという目的のため、QRコードはハッカーがGoogle Glassを遠隔制御できるアクセスポイントへとユーザーを誘導する恐れがあった。

 Lookout Securityは、米国時間7月17日にYouTubeに投稿した動画でこの脆弱性を説明し、これを6月に直ちに修正したGoogleを称賛した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集