スペースシャトル「アトランティス」--写真で見るケネディ宇宙センターでの展示

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年07月13日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 33回の宇宙ミッションを経験した米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「Atlantis」が新居に移った。Atlantisはケネディ宇宙センターのビジターコンプレックス(見学施設)に新設された1億ドル規模の展示場の呼び物の1つだ。同施設の見学者は宇宙体験に夢中になることだろう。

 Atlantisの展示場は米国時間6月29日にオープンしており、NASAの歴史のほか、宇宙飛行士やフライトエンジニアの体験が60のインタラクティブディスプレイで紹介されている。それらのディスプレイでは、発射や軌道から宇宙ステーションの組み立て方まで、さまざまな話題が取り上げられている。

 しかし展示場の主役はAtlantisだ。見学者は、世界で最初の再使用型宇宙船の1つであるAtlantisを至近距離で、あらゆる角度から見ることができる。collectSPACE.comのRobert Z. Pearlman氏は先頃、華々しいオープンの前に行われた先行公開に参加し、展示場を見学した。
Scroll Right Scroll Left

 33回の宇宙ミッションを経験した米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「Atlantis」が新居に移った。Atlantisはケネディ宇宙センターのビジターコンプレックス(見学施設)に新設された1億ドル規模の展示場の呼び物の1つだ。同施設の見学者は宇宙体験に夢中になることだろう。

 Atlantisの展示場は米国時間6月29日にオープンしており、NASAの歴史のほか、宇宙飛行士やフライトエンジニアの体験が60のインタラクティブディスプレイで紹介されている。それらのディスプレイでは、発射や軌道から宇宙ステーションの組み立て方まで、さまざまな話題が取り上げられている。

 しかし展示場の主役はAtlantisだ。見学者は、世界で最初の再使用型宇宙船の1つであるAtlantisを至近距離で、あらゆる角度から見ることができる。collectSPACE.comのRobert Z. Pearlman氏は先頃、華々しいオープンの前に行われた先行公開に参加し、展示場を見学した。

提供:collectSPACE.com/Robert Z. Pearlman

  • このエントリーをはてなブックマークに追加