クラウド活用ができるシンプルなToDoアプリ「Wunderlist」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Wunderlist(Ver.2.1.1)
金額:無料(2013年7月3日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:6 Wunderkinder GmbH
使用端末:LYNX 3D SH-03C
おすすめ度:★★★★☆

 スマートフォン向けのToDoリストアプリは多く存在するが、最近はさまざまなバリエーションのものが登場しており、どれを選んでよいか迷ってしまっている人も多いのではないだろうか。そこでここでは、ToDoの基本に立ち返り、シンプルにToDoを活用したい人に便利な「Wunderlist - To-do & Task List」を紹介しよう。

  • 「Wunderlist」はシンプルにToDoの管理ができるのが大きな特徴

 これは、やるべきこと(タスク)を登録し、終了したらチェックして消すという、非常にベーシックなToDoアプリだ。タスクには内容だけでなく、リマインダーを登録したり、メモを追加したり、大本のタスクを達成するために必要なサブのタスクを追加して管理したりと、より情報を細かく設定していくことも可能だ。だが基本的には、タスクを登録してチェックするという、シンプルな操作で利用できるのがポイントといえる。

 無論、Wunderlistは単にシンプルなToDoアプリというだけではない。大きな特徴の1つは、タスクをリストに分類して管理できること。「仕事」「プライベート」など用途に応じてリストを作成し、タスクの管理が可能になる。

 そしてもう1つの大きな特徴は、会員登録によって利用できる機能。Wunderlistを会員登録して使用すると、専用のクラウド上にデータが保存され、ウェブブラウザ経由でパソコンなどからでも利用可能になる。さらに友人や同僚をWunderlistに招待しておけば、ユーザー同士でリストを共有し、管理できるようになる。少人数のチームで仕事をしており、何人かで進行中のタスクを共有し合いたい時などには、非常に便利な機能といえるだろう。

 シンプルなToDoアプリとして活用するもよし、リストと共有機能で、ビジネスに本格的に活用するもよし。画面のデザインも洗練されているので、初めてToDoに触れる人にも親しみやすく、便利なアプリといえるだろう。

  • 基本的な機能はシンプルだが、サブのタスクやリマインダーなど、タスク毎により細かな設定も可能

  • 内容に応じた「リスト」を作成することで、タスクをより管理しやすくできる

  • アカウントを登録してから利用すると、クラウドとデータを同期できるなどのメリットが得られる

  • 同じくアカウントを登録することで、他の人とタスクの共有ができるようになる

>>「Wunderlist」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加