マイクロソフト、「Xbox Music」ウェブ版を提供開始

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2013年07月02日 09時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがついに「Xbox Music」のウェブ版を登場させた。

 MicrosoftのXbox Musicプラットフォームがブラウザから利用可能になった。ユーザーはサイトにアクセスし、ブラウザから「膨大な数の楽曲」をストリーミングできる。Microsoftは先週、米CNETの取材に対して、サブスクリプション、ストレージ、および楽曲購入サービスをウェブで展開すると述べており、公言通りの運びとなった。

 Xbox Musicでは「膨大な数の楽曲」を提供するとMicrosoftは述べており、ユーザーはタブレット、PC、その他のプラットフォームを含む幅広いデバイスで楽曲を購入することが可能だ。同サービスは2012年にゲーム見本市Electronic Entertainment Expo(E3)で発表され、その後「Xbox 360」で提供開始となった。「Windows 8」搭載PCにも対応している。楽曲は複数のプラットフォームをまたいで同期させることが可能だ。


Xbox Music
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加