logo

キングソフト、オフィスソフトの最新版を公開--学習アプリも用意

藤井涼 (編集部)2013年06月26日 17時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キングソフトは、総合オフィスソフト「KINGSOFT Office 2013 Standard」を6月25日に発売した。ユーザーからの要望が多かった「Microsoft Excel(2007/2010/2013)」のファイル形式である.xlsxの保存に対応したほか、保存前の状態に戻す機能なども追加している。

 価格は4980円で、まずはダウンロード版から販売する。また最初の30日間は無料体験版を利用できる。7月下旬にはパッケージ版も提供する予定で、既存のユーザーはシリアル番号を入力することで最新版を利用できる。

 最新版ではユーザーインターフェースを、Microsoft Office 2003との互換性が高い“クラシックスタイル”や、Microsoft Office 2007/2010のリボン形式との互換性が高い“2013スタイル”など、4種類から選べるようになった。Spreadsheetsにおける最大行数・列数についても増強しているという。

「KINGSOFT Office 2013 Standard」 「KINGSOFT Office 2013 Standard」
※クリックすると拡大画像が見られます

 さらに、同バージョンからKINGSOFT Office独自のオブジェクトモデルを、Microsoft Officeのオブジェクトモデルとほぼ同形式に改修。これにより、これまで一部実行できなかったマクロが含まれるファイルの読み込みが可能となった。

 キングソフトでは、KINGSOFT Office 2013の公開にあわせて、オフィスソフトの初歩的な操作が習得できるAndroid向け学習アプリ「オフィスソフトマスター」を公開した。価格は無料。同アプリでは、KINGSOFT OfficeだけでなくMicrosoft Officeのユーザーにも共通する操作方法を学ぶことができる。

-PR-企画特集