logo

エキサイト、ポイントサイト運営の合弁会社をインドネシアに設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エキサイトは6月25日、インドネシア共和国の大手財閥であるシナルマス・グループ(Sinar Mas Group)との合弁会社「PT Excite Indonesia」が、インドネシアにおいて営業を開始したと発表した。

 PT Excite Indonesiaは、2012年6月に両社が共同で立ち上げたインドネシア初のポイントプログラムサイト「エキサイトポイント」を核とするデジタルマーケティング事業の展開を目的として6月12日に設立された。資本金は300万米ドル。株式はエキサイトとシナルマス・グループがそれぞれ50%ずつ保有する。

 エキサイトポイントでは、ユーザーは対象サイトへの会員登録、商品の購入、アンケートへの回答など、オンラインでの活動を通じてポイントを獲得できる。獲得したポイントは、シナルマス・グループ傘下のモバイル通信キャリアであるスマートフレンをはじめとする各キャリアの無料通話や無料データ通信に交換できる。

 新会社では、ポイントを誘因として、インドネシアのネット利用の活性化を図るとともに、現地のEC事業者やネットメディアにとって効率的な広告や販促の手段を提供するとしている。また、現地企業との提携を通じて、会員のデータを活用したさまざまなサービスを展開するという。

-PR-企画特集