logo

シャープ、中国企業との提携報道にコメント「当社が発表したものではない」

加納恵 (編集部)2013年06月26日 11時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープが6月26日、中国企業である南京中電熊猫信息産業集団(CECパンダ)と、液晶パネルの合弁生産を実施すると複数のメディアが報じた。これに対し同社は「当社が発表したものではない」とコメントしている。

 報道によると、2015年はじめにも液晶パネルの合弁生産をはじめ、スマートフォン向け最新液晶技術として「IGZO」の技術を供与するとしている。

 シャープは、液晶の需要減などを受け、現在経営を再建中。6月25日には奥田隆司氏から高橋興三氏へと代表取締役社長を引き継いだ。各企業とは、韓国サムスン電子や米クアルコムとの提携がすでに実施されている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]