logo

「iOS 7」ベータ第2版がリリース--「iPad」対応など

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月25日 08時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月24日、「iOS 7」のベータ第2版をリリースした。同ソフトウェアが最初に開発者を対象に提供されてからちょうど2週間が経過している。

 今回の新バージョンには、バグ修正のほかドキュメントには記載されていない「改良点」のみが含まれるとされている。

 しかし、今回のリリースで大きなものは、新たに同ソフトウェアの「iPad」(通常モデルと「mini」モデルの両方)向けバージョンが追加されたことだ。iOS 7の最初のベータ版は「iPhone」と「iPod touch」のみを対象としており、他の端末に対するサポートも今後追加するとAppleは約束していた。

 同ソフトウェアを使用する開発者らはプライバシーに関する同意書に署名しなければならないが、それでも多数の開発者やいくつかのブログが、この新OSを実際に試用したさまざまな様子を投稿している。

 一般リリースの前にベータ版を数回リリースするのがAppleの標準的なやり方である。同社はiOS 7を2013年秋に一般向けにリリースする予定だと述べている。ベータ版のリリース回数については、「iOS 6」の場合で2012年6月の発表から9月の一般リリースまでの間に4つのベータ版がリリースされた。

 同ソフトウェアによって、Appleのボイスメモアプリケーションの改良版も復活した。同アプリは2009年の「iOS 3.0」からユーティリティとして組み込まれていたが、iOS 7の最初のベータ版には提供されていなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集