logo

Facebook、「Instagram」で動画利用を可能に--Twitterの「Vine」に対抗

Jennifer Van Grove (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月21日 07時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebook傘下のInstagramに動画が追加された。これで、人気の高い同ソーシャルネットワークサービス全体で共有されるカメラ撮影物にまったく新しい次元がもたらされる。

 Instagramの共同創設者であるKevin Systrom氏は米国時間6月20日午前、この新製品をメンローパークにある同社本社で報道陣に披露した。

 Instagram上の動画機能は、「iOS」と「Android」上で直ちに利用可能である。アプリケーションにはムービーカメラアイコンが追加されており、それをタップすると、動画モードになり、最大15秒間の動画を次々とクリップ単位で撮影できる。「Vine」と同様に、ムービーボタンを押したままにすることによって動画を撮影し、ボタンを放すことによって撮影を一時停止して後で再開することができる。動画の各クリップを削除して録画し直すことも可能で、前面カメラと背面カメラを切り替えるオプションもある。Instagramは、この動画機能だけのために13もの新しいフィルタを作成しており、表示用のカバーフレームも選択できるとSystrom氏は述べた。

 Systrom氏はInstagram上の動画機能について、「すべてわれわれがInstagramにおいて既に知っていて愛用している機能だが、動画が対象だ」と述べた。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

 しかし、すべてを変えるのはInstagramが「Cinema」と呼ぶ機能だとSystrom氏は述べた。Cinemaは、動画の手ぶれを補正する機能で、会員の15秒間の動画の品質を改善する自動エンハンサーとして機能する。

 現在1億3000万人を超えるアクティブユーザーを持つFacebook傘下のInstagramは今回の新機能追加により、Twitter傘下のVineと競合することになる。Vineは、「iPhone」とAndroid向けの動画アプリケーションで、細切れの複数のクリップをつなぎ合わせて、アニメーションGIFに似た、ループ再生される6秒間動画を作成することができる。Vineはわずか数カ月で1300万人もの登録ユーザーを獲得し、有名人やブランドの間で人気の高いソーシャルメディアツールとなっている。しかし、Vineの6秒間動画はFacebook内部で直接再生することができず、ソーシャルネットワークユーザーは「News Feed」と連携する動画アプリを好む可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集