logo

進化する自律型軍事ロボット--偵察から威嚇、攻撃まで可能に

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年06月15日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ある国連の専門家が5月末、いわゆる「殺人ロボット」の製造や使用を一時的に凍結することを求めた。この専門家は、ロボティクス技術の急速な発展が、自律的な軍事作戦の実施に関する既存のルールの範囲を超えていると述べた。

 完全武装したロボットはまだプロトタイプのテスト段階だが、存在するのは確かだ。現在、戦場では数多くのドローンや、そのほかの機械化されたツールが使用されている。その主な用途は、探索と救出活動、そして輸送任務だ。

 遠隔操作型ドローンは現在すでに、殺害を意図した攻撃を行っており、戦闘用ドローンや自律的戦闘機は近いうちに飛躍的に進歩する可能性がある。

 完全武装した「Modular Advanced Armed Robotic System(MAARS)」は、前線で稼働できるロボットだ。複数の昼夜兼用内蔵カメラ、動作感知装置、音響マイクロホン、敵攻撃検出システム、スピーカーシステムを備えている。また、非致死性のレーザーダズラー、音響兵器、非致死性手投げ弾、威嚇用手投げ弾発射装置、中型マシンガンを装備している。

 この記事では、いくつかの軍事ロボットを紹介する。間もなく読者の身近なところでも戦闘の準備が整うかもしれない。
Scroll Right Scroll Left

 ある国連の専門家が5月末、いわゆる「殺人ロボット」の製造や使用を一時的に凍結することを求めた。この専門家は、ロボティクス技術の急速な発展が、自律的な軍事作戦の実施に関する既存のルールの範囲を超えていると述べた。

 完全武装したロボットはまだプロトタイプのテスト段階だが、存在するのは確かだ。現在、戦場では数多くのドローンや、そのほかの機械化されたツールが使用されている。その主な用途は、探索と救出活動、そして輸送任務だ。

 遠隔操作型ドローンは現在すでに、殺害を意図した攻撃を行っており、戦闘用ドローンや自律的戦闘機は近いうちに飛躍的に進歩する可能性がある。

 完全武装した「Modular Advanced Armed Robotic System(MAARS)」は、前線で稼働できるロボットだ。複数の昼夜兼用内蔵カメラ、動作感知装置、音響マイクロホン、敵攻撃検出システム、スピーカーシステムを備えている。また、非致死性のレーザーダズラー、音響兵器、非致死性手投げ弾、威嚇用手投げ弾発射装置、中型マシンガンを装備している。

 この記事では、いくつかの軍事ロボットを紹介する。間もなく読者の身近なところでも戦闘の準備が整うかもしれない。

提供:QinetiQ

-PR-企画特集