logo

不要なプリインストールアプリを手軽に無効化できる「無効化マネージャー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:無効化マネージャー(Ver.1.3.2)
金額:無料(2013年5月27日時点)
カテゴリ:ツール
開発:75py
使用端末:Xperia arc SO-01C
おすすめ度:★★★★★

 「無効化マネージャー」は、端末にインストールされている不要なアプリをかんたんな操作で無効化できるアプリだ。アンインストールが許可されていない純正アプリを無効化することにより、リソースの消費を抑え、端末を軽快に動作させられるようになる。

  • ホーム画面。無効化できるアプリや無効化できないアプリ、あるいはすでに無効化しているアプリなどがタブ切り替えのリストで表示される

 使い方は簡単で、起動すると端末にインストール済みのアプリが表示される。不要なアプリがあればタップし、アプリ情報の画面から「無効にする」を選択することで、アプリを停止することができる。アプリは現在実行中のものだけを表示することもできるので、判断の材料になる。このほか、無効化してはいけないアプリは、除外リストに追加してうっかり無効化しないようにすることもできる。

 本アプリの利点は、端末にプリインストールされている標準アプリを無効化できることだ。一般的にプリインストールアプリの多くはアンインストールが許可されていないので、バックグラウンドで動作させ続けなくてはならず、結果としてバッテリを消費したり、余計なトラフィックを発生させたりする。本アプリはこれらプリインストールアプリ、例えば店頭デモ用のアプリなどについても無効化できるので、リソースの消費を抑え、端末を軽快に使えるようになるというわけだ。

 もちろん、必要なアプリまで無効化すると動作の不具合を招くおそれがあるわけだが、本アプリではリストアップされたアプリ名を長押しすることにより、そのアプリが具体的にどのように使われているか、ウェブ上で検索できる仕組みが用意されている。必ず情報が見つかるわけではないが、手軽に検索できるのは、ユーザの側からしてありがたい。

 またアプリ情報の画面からアンインストールも行えるので、不要と判断したらまずアンインストールを試み、それが不可能であれば無効化する、といった二段構えの対策を取れる。特定のアプリをアンインストールしたいが、いわゆるアンインストール支援アプリでは対応できなかったという場合、本アプリを使用して無効化するようにすれば、スムーズに端末の操作が行えるようになること請け合いだ。

 なおアプリの無効化機能はAndroid 4.0から搭載された機能なので、それ以前のAndroidのバージョンでは無効化の操作そのものが行えない。そのためAndroid 2.3などの端末でプリインストールアプリを無効化する用途には利用できないので注意しよう。

  • 今回は「店頭用デモ」アプリを無効化してみる。シングルタップしてアプリ情報の画面を開く

  • アプリ情報の画面。「無効にする」をタップして実行する

  • 無効化が行われ、「無効化済みのアプリ」タブに追加された。これらアプリのリストはXMLファイルとしてエクスポートしたり、あるいはインポートすることもできる

  • アプリ名を長押しして「検索」を選択すれば、ウェブ上の関連情報を参照できる。無効化するか否かを判断するのに役立つ

  • アプリの変更日を表示したりソートすることもできるなど、アプリを無効化するにあたっての判断材料は豊富に用意される。画面はすべて日本語なので分かりやすい

>>「無効化マネージャー」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集