logo

「iOS 7」に期待する8つのこと--WWDCで登場といわれる新OSを考える - (page 2)

Jason Parker (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年06月08日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使用頻度の高いツール用の新しい画面

 iOSで一番面倒なのは、一般的なタスクのために設定メニューの中を探っていかなければならないことだ。明るさの調節やBluetoothのオンオフ切り替え、Wi-Fi接続の管理といったことのために、何回もタップしなければならない。iOSには、そうしたツールを使いやすい場所に出すインターフェースボタン(あるいはスライドアウト式のメニュー)が必要だと考える。それだけでなく、この新しい「トップツール」画面はカスタマイズ可能にして、よく使う設定メニューの追加や削除ができるようする必要があるだろう。一部のAndroid搭載スマートフォン(メーカーによる)には以前から同様の機能があり、画面を下方向にスワイプするだけで、数多くのツールを手早く簡単に利用できる。AppleはiPhoneに同じようなものを何としても用意する必要がある。

天気と株価を見ることができる。しかし、カスタマイズできるようになって欲しい。
天気と株価を見ることができる。しかし、カスタマイズできるようになって欲しい。
提供:Screenshot by Jason Parker/CNET

「AirDrop」とローカル共有機能のいずれか、あるいは両方

 「GALAXY」ユーザーが互いのスマートフォンをタップして写真を共有するのを、Appleストアの前に並んでいるiPhoneユーザーがうらやましげに眺めるという、サムスンのテレビCMは有名だ。実際には、このCMが主張するほど大した話ではないかもしれないが、手早くローカル共有するためのボタンがiOS 7にあれば便利なのは確かだ。

 筆者が考えるのは、近くにいるiPhoneユーザーの名前と承認ボタンが画面上に表示され、承認ボタンを押すと、そのユーザーが自分の共有友人リストに追加されるという仕組みだ(双方が承認する必要があるが、承認は一度だけでよい)。いったん友人リストに登録されれば、ボタンを押すだけで、近くにいる友人とすぐに何かを共有できる。「Mac Os X Lion」には以前から、同様の機能を持つ「AirDrop」があるが、筆者はiOSにもこの機能が必要だと考えている。そしてこれはiOS 7で採用されるといううわさだ。

 理想としては、この機能があらゆるスマートフォンとの間で使えるようになればいいが、大手のスマートフォンメーカー各社が協調して、誰とでもファイル交換を素早く無料で行えるようになると期待するのは時期尚早だろう。そう遠くない未来に実現すれば良いのだが。

「Notes」の強化

 われわれがiOSで使っているシンプルな黄色のメモ帳は、iOS 7でデザインの見直し対象になる可能性のあるものの1つだが、筆者はそれだけではいけないと考えている。テキストのほかに、写真や動画、ハイパーリンク、音声など、ありとあらゆるものを入力できるようにするべきだ。Notesは前々から、筆者が何かを手早く書き留めるときにメインで使うツールだが、必要なものを何でも追加して、その一部をほかのユーザーと共有できれば、今よりもっと便利になるだろう。

 これは高望みかもしれないが、別の人を招待してメモを共有できるようになれば、非常にありがたい追加機能だ。買い物リストを配偶者やルームメートと共有することを想像してみれば、筆者の言う意味が分かるだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]