イー・アクセス、1.7GHz帯のLTE実験を8月にも開始へ--下り300Mbps

松田真理 (マイカ)2013年06月04日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イー・アクセスは6月3日、1.7GHz帯でのLTE実験に向けて、総務省に実験試験局免許を申請したことを発表した。実験試験局免許を取得後、8月~10月に香川県内で実験を行う。

 総務省が策定した「周波数アクションプラン」で新たに確保する1.7GHz帯と、隣接するイー・アクセスの既割当周波数を試用し、電波伝搬特性などを確認するとしている。

 具体的には、20MHz幅を利用した「4×4 MIMO」による下り300Mbpsの検証、20MHz幅を利用した「2×2 MIMO」による下り150Mbpsの検証を実施する。

 MIMO(Multiple-Input and Multiple-Output)は、データの送信側と受信側で、複数のアンテナを使って、一度に複数の情報を送る技術。異なる通信波を束ねて広い帯域を確保し、高速通信を実現する“CA(Career Aggregation)”も検証するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加