logo

操作方法がシンプルなiOS用リスト管理アプリ「Listary」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Listaryは、操作方法がシンプルなリスト管理アプリだ。改行キーをタップするだけで、リスト項目を次々に追加することができるので、頭に浮かんだ項目をとりあえずすべて書き出してみる、というような使い方をするときにストレスを感じずにスムーズにリストを作成できる。アラームアプリのDue(有料)と連携して、リストにアラートを設定できる。また、Simplenote(無料)というノートアプリとの連携機能があり、Simplenoteで作成したノートを、1行1項目としてListaryに読み込んでリストとして利用可能だ。オンラインのアカウントを利用して、Simplenoteや複数の端末とデータを共有できるため、バックアップも問題ない。

  • 親リストの一覧。左下の「+」で親リストを作成し、右下の「+」でリスト項目を作成する

 Listaryでリストを作成するには、まず、画面左下の「+」をタップして、親となるリストを作成してから、リスト項目を作成する。いったん、必要な親リストを作成してしまえば、次回からは、画面右下の「+」をタップするだけで、リスト項目を作成できるようになる。また、デフォルトのリストを設定しておくと、作成したリスト項目は、自動的にデフォルトのリストに追加される。

 リスト項目は、アルファベット順、作成日順、変更日順で自動的に並べ替えられるほか、手動で任意の順序に並べ替えることもできる。リストに期日を設定するには、別の有料アプリであるDueとの連携を利用する。リストの各項目の画面の左下にある時計アイコンをタップすると、Dueがインストールされている場合、自動的にDueが起動される。アラートを表示する日時を指定し、「追加」をタップすると、「Listaryに戻る?」と聞かれるので、「Listary」を選択すればListaryに戻れる。

 Simplenoteからノートを読み込む場合は、設定画面の「Import Lists」から、読み込むリストを選択する。このとき、すでに作成済みのリスト名からチェックを外すと、Listaryのリストから見えなくなってしまうので注意が必要だ(削除されるわけではなく、Simplenoteからは編集可能)。Listaryのリストは、Simplenoteでは「Listary」というタグがつく。

 Listary単体では、機能は多くないが、DueやSimplenoteといった外部アプリとの連携により、できることが格段に増える。その自由度が、単体でのシンプルで使いやすいユーザーインターフェースを実現しているのだろう。

  • リスト項目は、改行で追加していく。軽快な動作で、思考を中断されなくて良い

  • リストの並べ替え方法は、Settings画面で選択する

  • データをオンラインで同期するには、専用のアカウントが必要だ。アカウントがない場合は作成できる

  • Simplenoteからノートをリストとして読み込む。ノートは1行が1項目として読み込まれる

  • リスト項目の左下にある時計アイコンをタップするとDueに移動する

  • Dueの画面。アラートの設定が終わったら、「追加」をタップするとListaryに戻れる

>>Listary ? Share & Sync Listsのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集