KDDI研究所が手がける次世代技術--「電波無響室」や次世代型アンテナも - 5/19

エースラッシュ2013年05月27日 19時36分
 従来型のアンテナと無線機。アンテナは長さのみ実寸の半分。周波数ごとに1本のアンテナが必要で、ビルの屋上や鉄塔などに複数本のアンテナと、無線機が取り付けられているのが現状。無線機部分は20kgほどある。設置工事の手間の大きさや、設置場所の確保が大きな課題となっている。

 従来型のアンテナと無線機。アンテナは長さのみ実寸の半分。周波数ごとに1本のアンテナが必要で、ビルの屋上や鉄塔などに複数本のアンテナと、無線機が取り付けられているのが現状。無線機部分は20kgほどある。設置工事の手間の大きさや、設置場所の確保が大きな課題となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]