米ヤフー、ゲームプラットフォーム開発企業PlayerScaleを買収

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年05月24日 11時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 つい数日前にTumblrの買収に合意したばかりの米Yahooが、新たな買収契約を締結した。今度は、PlayerScaleの買収によってゲーム業界で手を広げようとしている。

 PlayerScaleは、クロスプラットフォーム対応ゲームのためのソフトウェアを開発しており、パブリッシャーやアグリゲータは同社のソフトウェアを利用して、さまざまなプラットフォームで遊べるゲームを迅速に増やせる。2011年に創設されたPlayerScaleは、世界で1億5000万人を超えるユーザーを擁し、毎日40万人以上のペースで新規ユーザーを獲得している。

 PlayerScaleの最高経営責任者(CEO)を務めるJesper Jensen氏は、米国時間5月23日にウェブサイトで買収について発表し、同社は現状のまま、ゲーム用のインフラプラットフォームで既存製品のサポートを続けると述べた。

 「われわれの目標は常に、開発者が大きなヒット作の運営に必要なインフラの構築や規模拡大について煩わされることなく、できる限り良質のゲームを開発できるよう支援することだった。一緒に仕事をしていく中で、Yahooのスタッフもこうした熱い思いを共有していることが分かってきた」(Jensen氏)

 一方、Yahooは米CNETに次のような声明を寄せた。

 当社は23日にPlayerScaleを買収した。PlayerScaleのチームは、世界各国で1億5000万人を超えるプレイヤーが使用するすばらしいゲームプラットフォームを開発してきた。今後も、PlayerScaleの技術をサポートし、成長させていくつもりだ。PlayerScaleのプラットフォームを利用して、Yahooで新たなすばらしい体験が構築できるのを楽しみにしている。

YahooがPlayerScaleを買収した。
提供:PlayerScale

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加