logo
Google I/O

「Google Play」でゲーム機能が強化--クラウド保存などが可能に

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年05月16日 08時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、開発者向けの新機能をいくつか追加することで、「Android」および「iOS」プラットフォーム上のゲーム機能を少し改善しようとしている。最大の新機能は、クラウド保存サービスだ。ゲームの進捗状況をGoogleのサーバ上に保存し、ゲーム活動を端末間で同期することができる。

 またGoogleは、新しい対戦相手検索サービスを追加した。Appleの「Game Center」と同様に、ライブゲームやターン制ゲームの対戦相手をマッチングすることができる。AndroidとAppleのiOSの両方に対応するという。Google I/Oの基調講演での同機能のデモは、クラッシュして失敗に終わったが、ネットワークの状態がそれほど厳しくなければ正常に動作すると同社は述べている。


提供:James Martin/CNET

 その他の新機能としては、スコアとランキングの表示などがある。

 新機能をいち早く利用する開発企業として、Gameloft、Glu、Ironhide Games、Miniclipなどが名を連ねている。

 今回の新機能は、米国時間5月15日に開催されたGoogle I/Oの基調講演で発表された。Androidバージョン2.2以降を搭載する端末を対象に提供される予定である。ゲームに関するGoogleの計画については、先週末に詳細情報がリークし、Android Policeで報じられていた。


新機能を利用する開発企業が発表された。
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集