ソニー、紙のデジタル化を推進するデジタルペーパーを開発--2013年度内に商品化へ

加納恵 (編集部)2013年05月13日 15時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月13日、13.3型の「デジタルペーパー」端末を開発したと発表した。2013年後期から早稲田大学、立命館大学、法政大学と実証実験を実施し、2013年度内の商品化を目指す。

  • 「デジタルペーパー」端末の試作機のイメージ

 これは紙を大量に使用する大学やオフィスなどにおいて、紙のデジタル化により学習効果や生産性の向上を支援する「デジタルペーパーソリューション」の実現を目指し行うもの。

 デジタルペーパーは、1200×1600ピクセルのフレキシブル電子ペーパーを採用し、細かい文字も紙のようにくっきり読みやすく、付属のペンによりなめらかな書き味が得られるという。

 ファイル形式はPDFに対応し、手書きやハイライト、付箋メモを文書とともに保存することが可能。Wi-Fi機能を備え、ネットワークを介してファイルを共有するアプリケーション対応も予定している。

 サイズは高さ310mm×幅233mm×奥行き6.8mmで、重量約358g。4Gバイトの内蔵メモリのほか、microSDスロットも搭載する。電源には内蔵型リチウムイオン充電池を使用。低消費電力のため、一回の充電で最長約3週間の使用が可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加