電子書籍のプロモーションを”ゆるく”展開するBookLive

浅賀美東江 岩本有平 (編集部)2013年05月09日 19時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 佐藤秀峰氏のマンガ「ブラックジャックによろしく」が2次利用フリー化されたことをきっかけに、作家15人がパロディ作品を公開する取り組み「『ブラックジャックによろしく』にヨロシク! 愛の大炎上パロディー祭り!」を展開するなど、電子書籍サービス「BookLive!」のファン獲得に向けて“ゆるい”キャンペーンを展開するBookLive。

 同社では3月から、Facebookページ「裏BookLive!編集部」を立ち上げ、ソーシャルメディアを使った大喜利や、オリジナルコミックの配信を手掛けている。「そもそものテーマはbooklive!オリジナルのマンガをどうプロモーションしていくか。そして売上や認知の向上、新規ユーザーの獲得だった。だがただ普通にやってもしょうがないよね、と話していた」(BookLive ストア事業本部ストアサービス部ストア運営チームの田中圭一氏)

 そんな裏BookLive!編集部では、キャンペーン応募者から抽選で、有名マンガ家に似顔絵を書いてもらえる権利やマンガ家グッズ、電子書籍専用端末Lideoが当たるFacebookキャンペーンを5月9日まで実施中だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加