logo

“見習い”川上氏「これがジブリの公式サイト」--KDDIとジブリ、auスマートパスで

藤井涼 (編集部)2013年05月09日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとスタジオジブリは5月9日、スタジオジブリ初のスマートフォン向け公式サービス「ジブリの森」を、月額390円の「auスマートパス」限定で公開した。スタジオジブリの人気作品の中から毎月1作品をピックアップし、特集記事などの読み物コンテンツを配信。特別付録として「待ち受け画像」や「クイズ」などのコンテンツも用意する。さらに、スタッフの日誌や映画の最新情報を「ジブリ通信」として配信する。

 KDDIとスタジオジブリは、2011年に公開された映画「コクリコ坂から」の際にも、同作のスペシャルムービーをau限定で配信したり、作品の舞台である横浜市と連携した共同キャンペーンを展開したりしている。今回、両社が再びタッグを組んだ狙いを、ドワンゴの代表取締役会長で、スタジオジブリのプロデューサー見習いでもある川上量生氏と、KDDI 新規事業統括本部 新規ビジネス推進本部長の雨宮俊武氏に聞いた。


スタジオジブリ プロデューサー見習いの川上量生氏(右)とKDDI 新規事業統括本部 新規ビジネス推進本部長の雨宮俊武氏(左)

――川上さんは2011年1月からスタジオジブリ(以下、ジブリ)のプロデューサー見習いとしても活動しています。当時はドワンゴに出社するのは週1回とも言われていましたが、現在もその状態が続いているのでしょうか。

 川上氏:実は最近はあまりジブリのオフィスには行っていないんですよね(笑)。主に恵比寿の事務所で働いていることが多いです。

――では、ジブリでの活動内容にも変化があったのでしょうか。

 川上氏:今回のKDDIとのコラボもそうですが、実際に動き始めた企画がいくつかありまして、その作業をここ(事務所)でやっているというところです。恐らくどこかでも何となく言ってしまっていると思うのですが、いま吾朗さん(宮崎吾朗監督)と新しい企画を進めています。

――現在もジブリでは「プロデューサー見習い」という肩書きなのでしょうか。

 川上氏:僕はもう一生見習いでいきたいと思っています。もしかしたら将来的に見習いという肩書きを取っていただけるかもしれませんが。

――今回はジブリを代表して川上さんにお話を聞いていますが、川上さんがジブリにおけるネットPR担当という位置づけなのでしょうか。

 川上氏:そうですね。ただ、僕がやりますと言ったものの、実際にはジブリの方に助けられています。それと、鈴木さん(鈴木敏夫プロデューサー)がおもしろがっているところがありまして。ジブリは新しいことに対しては非常に慎重な会社なのですが、ネットに関することに限り、僕からの提案はとりあえず試してみようと鈴木さんの方で思っていただけているので、今回のような企画も生まれたのだと思います。

――ジブリのネットでの情報発信に対する考え方を教えて下さい。

 川上氏:「コクリコ坂から」の際にもKDDIに特別協賛していただいたのですが、(キャンペーンなどで)当然動画そのものは提供できませんし、絵を1枚出すのも議論になりました。そういう意味ではKDDIには非常に申し訳なかったと思っています。ジブリはそういう会社ですので、どうしてもいろいろなことに時間がかかってしまうんですね。とは言いつつも、鈴木さんを始めジブリは新しいものが好きなんです。手書きにこだわっていますが、かなり初期のころからアニメーションにCGを取り入れたりと、実はいろいろなトライアルをしていて、ネットにもすごく興味はある。そこで僕がさまざまな実験をさせていただいているという感じです。

――以前、宮崎駿監督が携帯電話を使っていることが明らかになり話題になりました。もしかして現在はスマートフォンを使っているのでしょうか。

 川上氏:宮崎監督はいまのところ携帯電話(フィーチャーフォン)だと聞いていますが、奥さんがスマートフォンを使っているらしいですよ。

――ちなみに鈴木さんはスマートフォンを使っていますか。

 川上氏:鈴木さんはもうバリバリ使っていますよ。何でも自分で設定とかしてしまうので。

――鈴木さんから「LINE」のメッセージが送られてきたりすることもあるんですか。

 川上氏:もう普通に。鈴木さんは新しいものは一通り使っていますね。「れんが屋」(鈴木氏の事務所)にWiiが置いてあるのですが、2年くらい前はテレビ画面で写真を見るのにWiiの写真アプリを使っていましたね。最近はそれがApple TVとiPadに変わっていますけど。

――ジブリとKDDIのコラボについて聞かせて下さい。2011年の「コクリコ坂から」の共同キャンペーンを振り返ってみていかがですか。

 川上氏:KDDIと横浜市との共同キャンペーンは大成功して、横浜市限定の「コクリコ坂から」のパッケージ(DVD/Blu-ray/発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)も販売したのですが、通常版と遜色ないくらい売れましたね。(コラボは)絶大な効果があったと思います。

――今回もKDDIをパートナーに選びました。なぜマルチキャリア展開をせず、再びKDDIとコラボしたのでしょうか。

-PR-企画特集