ケンウッド、「彩速ナビゲーション」と組み合わせられるHUDユニットを発表

加納恵 (編集部)2013年05月08日 18時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「MDV-737HUD」

 JVCケンウッドは5月8日、ケンウッドブランドからカーナビゲーションシステム「MDV-737DT」に、ヘッドアップディスプレイ(HUD)を組み合わせた「MDV-737HUD」を発表した。独自のD-ILAデバイスを採用し、高解像度の画像表示などに優れる。発売は5月中旬。店頭想定価格は25万円前後になる。

  • HUD取り付け例

 HUDは人間の視野の中に情報を表示させるディスプレイで、現在パイオニアがフロントガラスに情報を映し出す「AR HUDユニット」対応のカーナビゲーションを発表している。コンソールに装着されているカーナビへの視線移動を減少させることで、安全運転をサポートする。

 ケンウッドでは、ルームミラーに取り付けられるHUDユニットを採用。ミラー横のコンバイナにナビ画面を表示できる。デバイスには独自のD-ILAを使用し、高精細、高コントラスト、高い色再現性を確保。文字や模式図、画像などを高解像度のまま表示できることが特長だ。

 HUDユニットとMDV-737DTは、専用のジャンクションボックスにより接続でき、ルームミラーへの取り付け金具を2種類同梱。スライド機構も備え、ルームミラーの各種サイズにも対応可能だ。取り付け可能車種は同社のウェブサイトから確認できる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加