logo

彼らの主張する価値は「間違っている」--ソフトバンク、DISHのSprint買収提案をめぐり - (page 2)

坂本純子 (編集部)2013年05月01日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクが特に強調するのは、資金調達とモバイルのノウハウや実績、シナジーの優位性だ。すでに資金を全額調達済みのソフトバンクに対し、「DISHは1年以上かかると言われており、資金調達の面でも、非常に複雑で多くの不確定要素がある。(資金調達が)遅れれば、競争力の低下がある。1年遅れたらその1年分の時間を考慮しなければならない」と主張する。

遅延による、現在価値への割引
遅延による、現在価値への割引

 また、DISHが持つ周波数帯は一般的でない周波数で、互換性のある端末がないこと、2GHz帯の展開に60億ドルの追加コストや統合コスト、2社間のシナジーに限界があることなどを述べた。

ソフトバンクの計算によるDISHの現在の価値(シナジー前)
ソフトバンクの計算によるDISHの現在の価値(シナジー前)

 一方、ソフトバンクと組めば年間20億ドルのコストシナジーが生まれると主張する。端末や設備機器、ネットワーク、IT営業費用、一般管理費などを効率化することによるもので、日本の端末メーカーが海外で展開する道も開けると話す。

 「決算を見ていただくと、世界でもっとも成長している。携帯事業のノウハウについて、あらゆる側面から成長しているリーダーカンパニー。一方のDISHはモバイルのノウハウがないし、経験もない」と切り捨てる。

  • ソフトバンクが見るDISHとSprintのシナジー効果

  • 周波数帯の展開費用

  • 1株当たりの現在の価値(シナジー後)

ソフトバンクとSprintが組めば、年間20億ドルのコストシナジーが出せるという
ソフトバンクとSprintが組めば、年間20億ドルのコストシナジーが出せるという

 ソフトバンクがSprintと組めば、ネットワーク機器の調達面では、Ericsson、Alcatel-Lucent、Samsungから見ても世界最大の調達先になるだろうとし、iPhoneの買い手としても、ソフトバンク、Sprintとあわせれば世界最大となるとした。

モバイルのノウハウとスケールメリットがソフトバンクの強みだ
モバイルのノウハウとスケールメリットがソフトバンクの強みだ

 さらに、すでに買収で合意した2週間後から現在まで、毎週「プランニングミーティング」を行っており、シナジーによってどういうったものが生まれるか。詳細の数字にも踏み込んでいる。DISHはたくさんの訴訟を抱えており、訴訟の歴史とも言える。この業界ではスケールメリットが大事」とし、ソフトバンクの実績やシナジー効果の高さをアピールした。

Ergen氏は「大風呂敷を広げただけ」--私はとにかく結果を出す

毎週行っているという「プランニングミーティング」
毎週行っているという「プランニングミーティング」

 一方で、海外メディアの記者から、DISHは衛星放送と併せることで魅力的なサービスを提供するとしているが、ソフトバンクからは具体的な案がないのではないかとの指摘を受けた。それに対し孫氏は、「(記者に対し)スマートフォンを持っていると思うが、それに衛星放送のアンテナを付けられると思うか?付けたら、端末が重くなってしまう。それに、どんなサービスを利用できると思うか」と問いかけた。

 「私から見たら、DISHが行っている提案は、ユーザーにとって価値のある提案になると思えない。まぁ、将来の夢について語る、大風呂敷を広げるのはいいでしょう。でも、実現するのは難しい。衛星放送の分野における顧客獲得が可能なら、自分の分野で新規獲得をしてみたらどうか。自分のコア事業に生かせないのに、どうやって別の会社とシナジーを生むことができるのか。どうやって新規獲得に繋げるというのか」と切り込んだ。

ソフトバンクとSprintによるシナジー後の1株当たりの価値
ソフトバンクとSprintによるシナジー後の1株当たりの価値

 さらに、「スマートフォンで本当に衛星放送を見るのでしょうか。ソフトバンクはSprintと同じ業界にいる。成熟した市場でネットワーク機器も同じ。事業者間での競争も厳しい。それでもソフトバンクは何度も成長し、利益も実現してきた。私たちの将来に対する企業戦略を話すつもりはない。極秘の秘密兵器を競合が知ったら、黙っておかない。通常、秘密を守る戦略は、敵に明かさないのが勝つためのルールだと思う。私はとにかく結果を出すだけ。将来に向けて大風呂敷を広げるのではなく、結果を出していきたい」とした。

 また、DISHに対抗してさらなるプレミアムの上積みをするという憶測もあるが、「これだけ優れているわけですから、提案の上積みをする必要はない。私たちは締結したアグリーメントに基づき、7月には完了したい」と語った。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]