アマゾン、インターネットビデオ用のセットトップボックスを発売へ--米報道

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月25日 06時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Eコマース大手のAmazonは、インターネットベースのビデオをストリーミングするセットトップボックスを2013年秋に一般家庭向けに発売する計画だとBloombergが報じている。これによってAmazonも、テレビ市場を狙う企業の仲間入りを果たすことになる。

 この機器はテレビに接続して、「Video on Demand」ストアや「Instant Video」サービスといったAmazonのビデオカタログへのアクセスを可能にするものだと、Bloombergは情報筋らの話として報じている。カリフォルニア州クパチーノを拠点とするAmazonのLab126部門が同製品を開発中で、Malachy Moynihan氏がプロジェクトを統括しているという。Moynihan氏は、以前はCiscoの新製品担当バイスプレジデントを務めていた人物で、Appleに勤務した経験も持つ。

 このセットトップボックスに取り組んでいる他のハードウェアエンジニアとしては、以前TiVoとVuduのトップエンジニアだったAndy Goodman氏や、シリコンバレー初のDVR企業の1社であるReplayTVのハードウェアアーキテクトだったChris Coley氏などがいるとBloombergは伝えている。

 リビングルームは、大手技術企業にとって次の大きな競争の場の1つとみなされている。多くの企業が既に、ユーザーとテレビとの相互作用を可能にするスマートフォンなどの製品を開発しており、この業界は、抜本的な刷新を真に必要とする業界の1つとみなされている。

 Amazonは既に、多様なセットトップボックスや携帯端末上の、アプリケーションを介して同社のビデオサービスを提供しており、オリジナルコンテンツの作成や独占契約の締結によって同社のビデオサービスを拡大している。Amazonがセットトップボックスを販売することになれば、同社は一部のパートナー企業らと直接競争する立場になる可能性がある。その一方で、Amazonはユーザー体験をさらにコントロールして、同社機器のエコシステムを強化できる可能性もある。

 Amazonはコメントを避けた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加