絶対に放送されない正直な「コマーシャル」

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月02日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「速い、止まらない!」「好きなチャンネルを好きなだけ!」「安心の24時間サポート!」「しかも安い!」・・・インターネット&ケーブルテレビプロバイダーの売り文句はたいていこんなところ。ほんとうは違うのにとうんざりしている人も多いのでは?

 本稿で紹介するビデオはそんな現状を皮肉った一本だ。

 冒頭のようなサービスを期待するわれわれ消費者を「F**k you」と罵るビデオの男性。プロバイダーがけっして認めないであろう業界の「真実」を語る「裏スポークスマン」たる彼はさらに、独占と似ているが完全に合法である寡占状態が現在の事態を招いていると説明する。「どんなにイヤでもあんたらに他の選択肢はない」と言い放たれると返す言葉もないが、人生が完ぺきじゃないように、高速インターネット&ケーブルプロバイダーが完ぺきじゃなくても我慢するしか・・・ないのか?

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加