日本でもネット選挙運動が可能に--改正公選法が成立し7月参院選から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットを活用した選挙運動を7月の参議院選挙から解禁する公選法改正案が、4月19日午前の参院本会議で可決、成立した。これにより、ウェブサイトやTwitter、Facebookなどを使った選挙運動が可能になった。

 同改正法は4月11日午前の衆院政治倫理・公職選挙法改正特別委員会(倫選特)で採決され、全会一致で可決されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加