三菱電機、レーザーとLEDの2つの光源を使用した液晶テレビ--青、緑独立LEDでより鮮やかに

加納恵 (編集部)2013年04月16日 19時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は4月16日、バックライトに赤色レーザーを使用した液晶テレビ「REAL LASERVUE」に、50V型「LCD-50LSR4」(店頭想定価格:30万円前後)と39V型「LCD-39LSR4」(同:25万円前後)を発表した。新たに青色用、緑色用それぞれのLEDを独立して搭載することで、色彩や質感を鮮やかに再現できるとしている。発売は5月下旬。

 REAL LASERVUEは、バックライトにレーザーを搭載した液晶テレビシリーズ。2012年6月に登場した。従来は赤色レーザーとシアン色のLEDを採用していたが、新製品では独立した青色、緑色のLEDを採用していることが進化点になる。

  • 「REAL LASERVUE LCD-50LSR4/39LSR4」

 これにより緑色系や黄色系が鮮やかに再現でき、一般的な白色LED光源の液晶テレビに比べて色の再現範囲を131%に拡大させたとのこと。直進性の高いレーザー光とLEDの両方を効率良く液晶パネルに投射するバックライト光学系を開発したことで、赤、ピンク、紫などの深い赤系色を鮮やかに再現できるほか、緑から赤の波長が分離されるため、深緑からスカイブルーまでの色の表現力を向上させている。

  • 「グット楽リモコン」

 1Tバイトの内蔵HDDとBDレコーダーを備えた録画テレビで、内蔵HDDの残量が一定量になると古い番組からUSB HDDに移動できる機能も装備。地上、BS、110度CSデジタルチューナは3基搭載しているため、2番組同時録画中でも別番組を視聴できる。

 「見やすく」「聞きやすく」「使いやすく」を掲げた独自の「らく楽アシスト」により、大きな文字でわかりやすい「グット楽リモコン」の採用や、高音の帯域を広げ聞き取りやすいように補正する「音ハッキリ」機能、音で画面の文字を読み上げる「しゃべるテレビ」機能と「報知音」機能などを搭載。BDレコーダー部には取り出しやすい前面ディスクトレイを採用するなど、使いやすさにこだわった設計となっている。

 本体にはセンタースピーカ2個、サイドスピーカー左右各2個、ウーファ左右各2個と合計10個のスピーカを内蔵。いずれも重低音から高音まで原音を忠実に再現する「DIATONE NCVスピーカ」を使用する。「DIATONEサラウンド」「DIATONEサラウンド5.1」「DIATONEサラウンドHEADPHONE」機能などの音響技術も備え、Bluetoothによるワイヤレス接続も可能だ。

 アクトビラ、TSUTAYA.TV、GIGA.TVなどのテレビ向けネットサービスが視聴できるネットワーク機能も装備。iPhoneやiPadに専用アプリ「REAL Remote」をインストールすれば、リモコンとしても使用できる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加