logo

「Android」ホーム画面をFacebookで置き換える「Facebook Home」--使用感など第一印象 - (page 2)

Jessica Dolcourt CNET News staff  翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年04月16日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ではここで、アプリのランチャーについて述べてみたい。これはアプリのショートカットを集積したものであり、呼び出した際に(これには、画面下部からフリックしたり、画面上に表示されたコントロールを使用する)画面全体にオーバーレイ表示される。また、左にスワイプすれば、インストール済みのアプリを縦方向に並べたアプリトレイが表示される。なお、アプリをショートカットページに追加するには、単に長押しするだけだ。

 ショートカットページの数に制限はないため、すべてのアプリをこのページにドラッグしておき、アクセスを容易にすることもできる。こういった設定に時間がかかるのはもちろんである。このため、なぜFacebookはあらかじめすべてのアプリを追加し、すぐに使えるようにしておかなかったのかと思ってしまった。

Chat Heads:新たなメッセージング機能

 メッセージング機能はFacebook Homeにおいて大きな役割を担っており、画面上のCover Feed画像の上に浮かぶ、プロフィール画像が表示された丸いアイコンとして表現される。Facebookはこれを「Chat Heads」と呼んでいる。しかし筆者は、この機能名が最適であるとは思っていない。まるでウレタン製のおもちゃを使った子ども向けのゲームか、酸っぱいキャンデーの名前だとしか思えない。

 いずれによせ、Chat Headsアイコンをタップするとメッセージ画面がオープンして会話を開始でき、再びタップするとその画面がクローズする。また、Chat Headsアイコンを1つずつ、あるいはいくつかまとめてフリックして消去できるというのはとても便利だった。


Chat Headsは移動可能なプロフィール画像となっており、消し去らない限り画面上に表示され続ける。また、アクティブなチャットウィンドウは好きな数だけオープンしておくこともでき、ちょっとしたスワイプでスタック内に格納することができる。
提供:James Martin/CNET

 このアイコンの配置が気に入らないというのであれば、ドラッグして画面の側面に移動させることもできる。ただし、画面中央には置いておけない。

 Facebook Homeで最も優れているのは、同アプリ中のFacebookのメッセージ機能とテキスト機能の見た目や動作がよく似ており、どのように操作するのかや、どちらのアプリをオープンしているのかを意識しなくてもよいという点にある。このため、シームレスな使い勝手が実現されており、Appleの「iMessage」ユーザーにとっても親しみあるものに仕上がっている。

 Chat Headsは他の画面上でも表示されるため、どのアプリを使っている最中でもチャットやテキストのやり取りを開始できる。しかもアプリを切り替えずにやり取りを始められるわけだ。筆者は非常に便利だと感じ、通話や電子メールのメッセージ作成もできるようになってほしいと感じた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]