アップルとモトローラの特許侵害訴訟、米地裁判事が両社を批判--「解決に関心がない」

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫2013年04月12日 11時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米フロリダ州南部地区連邦地方裁判所のRobert Scola判事は米国時間4月10日付の命令で、AppleとMotorola Mobilityは「この係争を効率よく速やかに解決することに関心はなく、本件や世界中で抱えている同様の訴訟をビジネス戦略として利用しており、これには終わりがないように見える」との見解を示した。この判決について最初に報じたBloombergによると、Scola判事は両社が裁判所の時間と資源を適切に利用していないと述べたという。

 AppleとMotorolaは2010年から激しい特許紛争を繰り広げている。AppleがMotorolaに対してささやかな勝利を手にした場合もあれば、その逆のケースもある。いずれにしても、両社は紛争の解決という点でほとんど前進しておらず、争点は増えるばかりだ。Bloombergによると、Scola判事が担当している訴訟だけでも180件以上の特許侵害の申し立てが含まれており、これらの特許における100以上の用語をめぐって見解の相違があるという。

 さらにScola判事は、今後4カ月以内に訴訟の範囲を絞るよう両社に命じた。これに対応できなければ、同判事は訴訟を一時保留にする意向だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加