logo

ソニー、ゲームも映画も音楽も高音質で--バータイプのテレビ用スピーカ

加納恵 (編集部)2013年04月09日 13時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月9日、バータイプのテレビ用スピーカ「HT-CT660」を発表した。NFCにも対応しスマートフォン内の音楽も簡単、高音質で再生する。発売は6月1日。店頭想定価格は4万円前後になる。

  • 「HT-CT660」

 HT-CT660はバータイプのスピーカとサブウーファを組み合わせたホームシアターシステム。2012年10月に発売された「HT-CT260」と同タイプになるが、スピーカ内部には高域音用のトゥイータに加え、サブウーファのスピーカユニットの直径をCT260の130mmから160mmの大型化するなど、パワーアップを図った。

 サブウーファとスピーカは、2.4GHz帯を用いたワイヤレス伝送ができ、部屋のあらゆる場所に設置することが可能。バースピーカに備えたBluetoothで、スマートフォンや対応デジタルプレーヤーをワイヤレス再生ができるほか、NFCに対応することで、ワンタッチでの接続も可能になった。

 テレビとの接続はHDMI、光デジタル、ステレオミニのいずれかを使用。独自の「S-Master」フルデジタルアンプを内蔵し、高音質サウンドを再生するとしている。またセリフを明瞭に再生する「クリアボイス設計」、スマートフォンなどの圧縮音源の音質をオリジナル音源に近づける「ポータブルオーディオエンハンサー」など、組み合わせるアイテムに応じた幅広い使い方が可能だ。

 スタンダード、ムービー、ミュージックなどサウンドモードは9種類を用意。中でもゲームモードはソニー・コンピュータエンタテインメントと共同開発しており、音の位置関係をよりわかりやすくすることで、戦闘ゲームなどのリアル感を表現。ゲーム機器との組み合わせには最適としている。

 本体は六角柱をモチーフにしたオリジナルデザインで、スタンド装着時はスピーカが正面に向き、スタンドなしの場合はスピーカが30度上向きになる角度調整機能を採用。設置場所によって、最適な角度に変更できる。

 バースピーカは高さ95mm×幅1030mm×奥行き107mmで、重量約3.5kg。サブウーファは高さ404mm×幅271mm×奥行き271mmで、重量約8.6g。スピーカスタンド、光デジタルケーブル、リモコンを同梱する。

  • NFC対応でワンタッチ接続が可能だ

  • サブウーファー比較。左の「HT-CT260」に比べ、3cmほど直径が大きくなっている

  • バースピーカは六角柱をモチーフにしたデザインを採用

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集