ジョブズ漫画、クラウドファンディングで再始動--支援者限定トークイベント開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハイパーインターネッツが運営するクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」を使った、漫画家うめ氏によるジョブズ漫画の続編制作プロジェクトの支援者限定トークイベントが4月6日に都内で開催された。

  • 「CAMPFIRE」のプロジェクトページ。目標額の2倍を超える約120万円もの資金を獲得した

 CAMPFIREは、クリエイターが作品の制作資金をネット経由でファンから募るクラウドファンディングサービスで、これまでにも数百万円規模の支援プロジェクトを実現させた実績を持つ。今回のプロジェクトは、Appleの共同設立者をモデルにしたその内容が「リアルAppleストーリー」と判断され、iPhoneアプリがAppleからリジェクトされた経緯を持つ漫画「スティーブズ」の、電子書籍版の続編制作の資金を募る企画だ。

 プロジェクトは500円から10万円まで複数のコースが用意され、パトロンには連載4回分の購読権のほか、出資金額に応じてこの日のトークイベントの参加権など、さまざまな特典が用意される。2012年暮れにCAMPFIREで募集を開始したところ予想を上回る数の支援希望が殺到、最終的に目標額の2倍を超える約120万円もの資金を獲得した。2カ月という募集期間に対してわずか2時間での達成は、今に至るもCAMPFIREの最速記録とされる。また、同時に募集が行われた連載優先交渉権を星海社が入札し、単行本化を前提とした連載交渉が現在も進行中だ。

左から、ハイパーインターネッツ 越後龍一氏、「スティーブズ」原作担当 松永肇一(ma2)氏、妹尾朝子氏、小沢高広氏、ブクログ 吉田健吾氏
左から、ハイパーインターネッツ 越後龍一氏、「スティーブズ」原作担当 松永肇一(ma2)氏、妹尾朝子氏、小沢高広氏、ブクログ 吉田健吾氏

 今回のトークイベントは、同プロジェクトで1万円以上を出資したパトロンを対象に行われたもので、人数は20名程度に限定されるなどプレミア感の高い催しだ。イベントには作画担当のうめ(小沢高広、妹尾朝子)両氏のほか、原作担当の松永肇一(ma2)氏も登壇。iPhoneアプリ版をAppleに申請した際の同社との詳細なやりとりや、保有する膨大な資料に基づく作画打ち合わせの様子の紹介、さらに原作独自の展開であるタイムスリップや密室殺人、ゾンビの登場といったストーリー展開についての裏話を披露した。

  • トークイベントでは作品の誕生から今回のプロジェクトまでさまざまな逸話が披露された。オフレコ話も多く、発言者の要望でツイートによる実況が一時的に制限される一幕も

 また、英語圏への展開を見越した画面の方向や吹き出しのサイズについての試行錯誤といった制作秘話や、連載交渉権を獲得した星海社との交渉の進捗状況についても報告されたほか、同席したブクログ代表取締役社長 吉田健吾氏からは、電子書籍サイト「パブー」で「スティーブズ」第1話を無料公開した際の反響といった初期のエピソードも披露され、クローズドなイベントならではの数多くのオフレコ話に、参加したファンは聞き入っていた。

 さらにトークイベントの終了後には、「世界初かもしれない」タブレットを用いた電子書籍サイン会も開催。画面へのサインのほか、タブレット本体への直描きのリクエストにも応えるなど、内容の濃いイベントとなった。

  • 作画担当である漫画家のうめ(小沢高広、妹尾朝子)両氏

  CAMPFIREでキュレーターとしてプロジェクト掲載を担当している越後龍一氏は、「プロジェクトを掲載する我々としては、プロジェクト起案者と彼らを支援するパトロンの関係性の獲得を重要視していて、今日はその一環。このようなイベントは、いわばプロジェクトが成功したことを支援した側とされた側が一緒に喜ぶ場であり、さまざまな年齢層や属性のパトロンとの出会いがあることから、プロジェクト起案者にはとても喜んでいただいている。また支援する側にとっても、自分が応援しているプロジェクトが形になったことをリアルな場で体感していただける喜びがある」とし、クラウドファンディングならではの強みや魅力について自信を見せていた。

  • 原作担当である松永肇一(ma2)氏

  • 「スティーブズ」第1話を無料公開した電子書籍サイト「パブー」を運営するブクログの吉田健吾氏

  • CAMPFIREでプロジェクトの掲載を担当しているキュレーターの越後龍一氏

  • トークイベント終了後の電子書籍サイン会。タブレット端末に「スティーブズ」をダウンロードして持参すればPDFにサインがもらえるというユニークな試み

  • 完成したサイン。初の試みということで総枚数は20枚程度ながら相当な時間を費やすことに。「ふつうのサイン会であれば40人くらい終えているはずなのに」とは小沢氏の弁

  • タブレット本体への直描きをリクエストするファンも。サイン済みのiPad miniを掲げる小沢氏

若き日の天才たちをマンガ大賞2位のうめが描く!漫画「スティーブズ」電子書籍連載
CAMPFIRE(キャンプファイヤー)- クラウドファンディング
スティーブズ - うめ(小沢高広/妹尾朝子) | ブクログのパブー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加