キャリア間で「災害用音声お届けサービス」を相互利用--4月1日から

松田真理 (マイカ)2013年03月26日 10時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電気通信事業者協会の会員であるNTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイルの4社は3月25日、「災害用音声お届けサービス」の相互利用を4月1日から開始すると発表した。

 災害用音声お届けサービスは、震度6弱以上の地震など大規模災害が発生した際、音声通信に代わって、パケット通信による音声メッセージをやり取りする災害時専用サービス。利用者の安否音声をファイル化し、パケット通信で送信するため、音声通信が混み合う場合でもメッセージで安否を確認できるという。

 これまでの災害用音声お届けサービスは、同一事業者のユーザー間に利用が限られていた。今回、総務省が主催する「大規模災害等緊急事態における通信確保の在り方に関する検討会」の最終取りまとめで、早期提供に向けた取り組みが望ましいと提言されたことから、通信事業者間で協議を進め、相互利用を開始することで合意したと説明する。

 4月1日当日には体験サービスも提供する予定。毎月1日と15日、「防災週間」(8月30日~9月5日)、「防災とボランティア週間」(1月15~21日)、「正月三が日」(1月1~3日)でも体験サービスが利用できる。


相互利用の概念図
  • このエントリーをはてなブックマークに追加