「Google Glass」、眼鏡利用者向けバージョンも登場へ--2013年中に提供予定

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月13日 07時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 実際の眼鏡を着用している「Google Glass」ファンも、自分の度付き眼鏡を捨てることなくこのウェアラブル技術を装着できるようになる。Team Glassによる米国時間3月12日付けの投稿で明らかになった。

 同社によると、Glassに関する最もよくある質問の1つは、Googleは度付きのバージョンを開発しているかというものだという。Googleは明らかに、視力矯正レンズを必要とする人々向けのGlassバージョンを開発することの価値を把握している。

 「Glassはモジュラー型設計を採用しているため、自分の度数に合ったフレームやレンズを追加することができるようになる予定だ。われわれはこれがどれだけ重要なことであるかを理解しており、力を入れて取り組んでいる」とProject Glassは「Google+」アカウントで記した。

 同チームは、Glassチームの一員であるGreg Priest-Dorman氏が度付きGoogle Glassのプロトタイプを着用している写真も投稿した。

 同チームは、まだ「度付きフレームの設計の完成に向けて作業中」であるため、「Explorer Edition」の発売には間に合わないが、2013年中にこのバージョンが提供されると消費者は期待してよいと述べた。

 Googleは以前、度付き眼鏡に対するソリューションに取り組んでいると述べていたが、同社が度付きレンズモデルを披露したのは今回が初めてである。

Glassチームのメンバーで度付き眼鏡バージョンを着用しているGreg Priest-Dorman氏
Glassチームのメンバーで度付き眼鏡バージョンを着用しているGreg Priest-Dorman氏
提供:Google Glass

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加