速度違反取り締まりカメラを「詐欺」と一刀両断した判事に拍手喝采!

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月12日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 だれもが一度は思うことだが、まさか連邦判事が口にするとは・・・。オハイオ州のRobert Ruehlman裁判官いわく、速度違反取り締まりカメラは「いかさまトランプのハイテク版以外の何物でもない」そうだ。

 2000人ほどの住人が住むある町がカメラを導入したところ、最初のひと月だけで6600枚ものスピード違反切符が切られた。これでは強盗と変わらないと業を煮やした住人らが提訴し、前述の判事がカメラの存在を「詐欺」と切り捨てたわけだ。町側は控訴したものの、原告団の弁護人は、「『いい加減にしろ』と言い放った判事は初めて。国家的な転換点だ」と自信満々。

 確かに、停止中の車がスピード違反で摘発されたボルティモアのとんでもない事例もある。取り締まりカメラで懐を肥やしてきた自治体よ、これからどうする!?

提供:WLWT-TV/YouTube Screenshot by Chris Matyszczyk/CNET
提供:WLWT-TV/YouTube Screenshot by Chris Matyszczyk/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加