logo

アップル、米国でスマートフォンメーカー別シェア首位を維持--「Android」、OS別シェアは52.3%に

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月07日 11時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 comScoreが米国時間3月6日に発表した調査報告書によると、Appleはスマートフォン市場におけるシェアを数ポイント拡大して、米国におけるスマートフォンメーカー首位の座を維持したほか、スマートフォンプラットフォーム分野においても首位のGoogleとの差を少し縮めたという。

 スマートフォン市場は全体的に拡大し続けている。同調査報告書によると、1月時点で米国のスマートフォン所有者は1億2940万人で、2012年10月から7%増加したという。いつものように、それはAppleとGoogleの戦いである。両社はそれぞれの市場で首位を維持し続けており、そのほかのすべての企業は両社に遅れを取っている。


提供:comScore

 同調査報告書によると、11月、12月、2013年1月の各月におけるAppleのスマートフォン市場シェアを平均すると37.8%で、2012年10月から3.5ポイント拡大したという。Appleの後には、市場シェア21.4%のサムスン、同9.7%のHTC、同8.6%のMotorola、同7%のLGが続く。

 米国のスマートフォンに最も多く搭載されているOSはGoogleの「Android」で、そのシェアは52.3%だ。これは10月と比較すると1.3%縮小しているが、依然として2位のAppleに差を付けている。3位はシェア5.9%の「BlackBerry」で、これに同3.1%のMicrosoft、同0.5%の「Symbian」が続く。


提供:comScore

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集