ドコモ、日中韓でのNFC国際ローミングに関する共通仕様を発表

松田真理 (マイカ)2013年02月25日 18時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ、中国の通信事業者China Mobile、韓国の通信事業者KTの3社は2月25日、日中韓3カ国間でのNFCサービスの国際ローミングに関する共通仕様を策定したことを発表した。

 3社はこの仕様について、サービス、端末それぞれを1冊の白書の形でまとめ、スペインのバルセロナで開催されているモバイル展示会「Mobile World Congress 2013」で発表する予定。

 今回発表した共通仕様は、GSMAやNFC Forumといった国際的な業界団体、標準化団体で策定した国際的なNFC標準に準拠している。アジア地域でNFCサービスのローミングを展開するキャリアやサービスプロバイダ、小売業者のほか、NFC対応端末の開発を検討するベンダーに対して、必要な情報を提供するとしている。

 3社は2011年1月より、日中韓協力委員会の場などで、NFCサービスのローミングに関する検討を進めており、2012年4月から具体的な共通仕様の策定に注力してきたという。今回発表した白書によって、決済やクーポン、交通など、NFCサービスのローミング導入が推進できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加