マイクロソフト、「Skype」と「Lync」のフェデレーションを6月までに開始へ

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年02月20日 15時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間2月19日、サンディエゴでの同社初の「Lync Conference」の開幕日に、同社のLyncユニファイドコミュニケーションプラットフォームについて最新のロードマップを発表した。

 この発表で最も注目されるのは、「Lync」と「Skype」の接続/フェデレーションが、大方の予想よりも遅い時期に実現しそうなことだ。この接続の最初の部分、つまりプレゼンス情報の共有やインスタントメッセージング、サービス間での通話は6月の時点でLyncの全ユーザーに利用可能となる。幹部らは19日に、SkypeとLyncのビデオ接続は、今後18カ月ぐらいは提供されないと認めた。

 Microsoftの「Lync 2013」を2012年にテストしていた顧客らは、SkypeとのフェデレーションはLync 2013の機能の1つだと述べていた。Microsoftも、SkypeとのフェデレーションをLync 2013リリースに搭載する予定であることを認めていた。しかし2012年10月にLync Server 2013が、「Office」クライアント/サーバの新製品とともにリリースされた際には、結局のところSkypeとのフェデレーションは最終的な製品には搭載されなかったようだ。

 LyncはMicrosoftが提供する企業向けのユニファイドコミュニケーションプラットフォームであり、企業用IMやVoIP、会議機能などを搭載している。SkypeはMicrsosoftのコンシューマー向けのユニファイドコミュニケーションプラットフォームだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加