logo

アップル、別の株主からも訴えられる

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年02月14日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Reutersが米国時間2月13日に報じたところによると、Appleが別の同社株主から訴えられたという。今回の訴えは、Apple幹部の報酬計画に加え、優先株の廃止という同社の意向を対象としている。

 ペンシルベニア州在住のBrian Gralnick氏は、Appleがこの2件に関する株主投票を実施しないよう、同社を提訴した。投票は2月27日に予定されている。Gralnick氏は、2007年以来の同社株主だが、保有している株数は不明である。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが、まだ得られていない。

 今回の訴訟で争点となっている1件は、優先株の廃止というAppleの提案だが、同提案は、ヘッジファンドマネージャーDavid Einhorn氏のGreenlight Capitalが起こした訴訟でも対象となっている。Greenlightは2月に入って、Appleが保有する現金を投資家に還元するよう求めて、同社を提訴している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集