「Chrome」と「Firefox」間で直接チャットが可能に

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年02月05日 11時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleとMozillaは、HTML5の「WebRTC」プロトコルの新たに開発された機能のデモを行った。その機能を利用すると、2つの異なるブラウザを使用するユーザー同士がサードパーティー製アプリを使わずに会話することが可能になる。

 現在、「Chrome 25」ベータ版「Firefox」の「Nightly」版のみで利用可能なこのWebRTCの新機能は、複数のグループの開発作業によってもたらされた。それらのグループには、World Wide Web Consortium(W3C)Internet Engineering Task Force(IETF)のメンバー、さらにGoogleとMozillaのエンジニアが含まれる。

 Chrome担当プロダクトマネージャーのSerge Lachapelle氏とFirefoxメディアプロダクト部門トップのMaire Reavy氏は共同でブログ記事を執筆し、WebRTCの要点は、「あらゆるユーザーデバイスがリアルタイムで通信し、音声と動画、およびデータを共有できる共通のプラットフォームを提供することだ」と述べた。両氏は、「これは、相互運用性とウェブ上での真の開かれたリアルタイムコミュニケーションというビジョンへの第一歩だ」と付け加えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加