アップル、128GバイトのiPad Retinaディスプレイモデルを追加--2月5日発売

坂本純子 (編集部)2013年01月29日 23時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは1月29日、第4世代であるiPad Retinaディスプレイモデルのラインアップに128Gバイトモデルを追加したと発表した。国内でも2月5日に発売する。これまで、iPad Retinaディスプレイモデルは、16Gバイト、32Gバイト、64Gバイトの3ラインアップだった。

iPad Retinaディスプレイモデル
iPad Retinaディスプレイモデル

 カラーはこれまでと同様、ブラックとホワイトの2色だ。メーカー希望小売価格は、Wi-Fiモデルが6万6800円、Wi-Fi + Cellularモデルは7万7800円で販売予定だ。128GバイトのiPadは、全バージョンが直営店のApple Store、Apple製品取扱店を通じて販売され、iPad Retinaディスプレイ Wi-Fi モデルはApple Online Storeでも販売される。

 128Gバイトモデルは、従来の最大容量である64Gバイトモデルの2倍のストレージ容量を備える。ストレージ以外の基本性能は同様で、9.7インチRetinaディスプレイ、A6Xチップ、FaceTime HDカメラなどを搭載する。

 Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラー氏は、「2倍のストレージ容量と30万本以上ものiPad専用アプリケーションから選べるという圧倒的なセレクションにより、企業ユーザや、教育関係者、アーティストの方々がビジネスそしてプライベートのあらゆる場面でiPadを使うべきさらに数多くの理由が見出されるだろう」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加