アップル、時価総額世界一の座をExxon Mobilに明け渡す

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年01月28日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleはもはや世界で時価総額が最も高い会社ではなくなった。

 Appleの株価は米国時間1月25日、前日終値に比べ10.62ドル安の439.88ドルで取引を終えた。時価総額は約4130億ドル。Exxon Mobilの株価が0.42%上昇し、時価総額は約4182億ドルとなったことから、Appleは時価総額世界一の座を奪われた。

 時価総額は発行済株式数に株価を掛けたもので、企業の価値を測る目安となっている。

 Appleは時価総額が3370億ドルくらいだった2011年に、時価総額トップの座をめぐりExxon Mobilと戦っていた。その後、相手をしのぐ業績を叩き出し、Appleの株価は705ドルを超え、時価総額も高騰した。2012年8月、Appleの時価総額は6220億ドルを記録し、世界で最も企業価値の高い会社となった。

 しかし、同社の株価は業績とは裏腹に下落している。同社は先週、四半期(12月29日締め)の決算を発表し、売上高が過去最高の545億ドルだったことを明らかにした。利益は131億ドル(1株当たり13.81ドル)で、「iPhone」の販売台数は4780万台、「iPad」は2290万台を記録した。

 しかし、投資家はこれでは喜ばなかった。Macの販売は同四半期に低迷し、利益は金融アナリストの予測に及ばなかった。同社は前年同期は売上高463億ドル、利益131億ドルを計上していた。

 投資家は、「iOS」が「Android」にシェアを奪われ、Appleが競争に苦戦している様子にも注目している。特許侵害訴訟の宿敵であるサムスンも、Appleより多くのスマートフォンを出荷している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加