logo

Windows 8向けアプリ内広告、販売開始--フルスクリーン映像も可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフト アドバタイジングは1月18日、Windows 8向けのアプリ内広告商品「Windows 8 Ads in Apps」の販売と掲載の開始を発表した。

 Windows 8 Ads in Appsは、Windows 8上のアプリ内に表示される広告商品。そのうちの「Tap to Full Screen Video」は、アプリ内に表示される「アンカー」と呼ばれるバナー広告をタップやクリックすると、フルスクリーンで映像が流れる仕組みとなっている。

 Windows 8のスムーズでユニークなユーザーインターフェースとシームレスな設計でユーザーがより自然な形で広告にアクセスし、広告を楽しむことができるとしている。ソニーマーケティングやトヨタマーケティングジャパンなどが利用している。


ソニーマーケティングの利用例

ソニーマーケティングの利用例

-PR-企画特集