logo

CyberZ、スマホ広告向けツールで中国大手と提携

藤井涼 (編集部)2013年01月09日 12時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントの連結子会社であるCyberZは1月9日、同社のスマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」が、中国の大手スマートフォンアドネットワーク「多盟(domob)」、中国の大手リワードメディア「力美」と連携したことを発表した。今後はForce Operation Xを通して両メディアへの広告配信が可能になる。

 Force Operation Xは、スマートフォンを活用したプロモーション効果の把握や分析が可能なスマートフォン広告向けのソリューションツール。国内外のスマートフォンメディアと連携しており、日本国内では50以上のスマートフォンメディアに広告を配信。また海外では、北米の40以上のスマートフォンメディアや、韓国大手のリワードメディア「adPOPcorn」と連携している。

 同社では、国内企業の中国におけるスマートフォンプロモーションのニーズが高まっている背景があることから、今回「多盟」「力美」と連携したとしている。また今後も中国主要メディアへの広告配信を進めていくという。

-PR-企画特集