logo

グーグルのシュミット会長、北朝鮮に到着

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年01月08日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google会長のEric Schmidt氏は現在、北朝鮮に到着している。米国務省はこの訪問に難色を示していた

 Schmidt氏は、ニューメキシコ州前知事で国連大使も務めたBill Richardson氏と一緒に、後者が言う「私的な人道目的」のために訪れた。Richardson氏はとりわけ、北朝鮮政府に拘束されている韓国系米国人Kenneth Bae氏について照会する予定だ。

 Googleの広報担当者は「これは個人的な訪問だ」と述べ、同社が他の観光客以上の何者でもないことを明確にした。


GoogleのEric Schmidt氏(右)は7日、前ニューメキシコ州知事Bill Richardson氏と共に北朝鮮に到着した。
提供:CBS News/Screenshot by CNET

 米国務省は先週、訪問計画に当惑を示した。広報担当者は、物議を醸した最近のミサイル打ち上げを考えると「このタイミングは特に有益ではない」と述べている。

 訪問団にはこのほか、Richardson氏によるとGoogle幹部のJared Cohen氏、またReutersが韓国メディアを基に報じたところではSchmidt氏の娘も含まれているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集