logo
世界最大の家電イベント

ファーウェイ、6.1インチ「Ascend Mate」と高画質「Ascend D2」を発表

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年01月08日 12時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--Huawei(ファーウェイ)が「Consumer Electronics Show(CES)2013」で新型の高性能「Android」スマートフォン2機種を発表した。「Huawei Ascend Mate」と「Huawei Ascend D2」だ。

 どちらもクアッドコアを搭載し、「Android 4.1」(開発コード名「Jelly Bean」)が動作する大型のモデルで、光沢のある黒と白のカラーが、非常に薄くて縦長の形状を引き立たせている。

 Huawei Ascend Mateは6.1インチものHDディスプレイを搭載しており、ごく短時間使ってみた感想では、クリアでカラフルな表示だ。また、8メガピクセルの背面カメラや前面カメラ、microSDカードスロットを備えている。しかし、最も注目されるスペックは4050mAhのバッテリだ。ファーウェイによると電力を48時間供給できるという。

 実はこのバッテリ容量は新記録となる。これまでは、Motorolaの「Droid Razr Maxx」が3300mAhでトップの座を維持していた。

 一方、Ascend D2はわずかに小さく画面サイズは5インチであるが、3000mAhのバッテリや1.5GHzのクアッドコアプロセッサを搭載している。また、同端末はより高性能な13メガピクセルのカメラを備えている。同端末の特筆すべき特長は解像度だ。画面仕様は、解像度が1080×1920ピクセル、ピクセル密度が443ppiとなっており、サムスンの「Galaxy S III」や「iPhone 5」のものより優れている。

 ファーウェイは、両端末の価格については明らかにしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集