logo

アップルのスマートフォンシェア、米国で初の50%超え--Androidは欧州で61%

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 福岡洋一2012年12月22日 10時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kantar Worldpanel ComTechが米国時間12月21日に発表したデータによれば、Appleが米国で過去最高のスマートフォン市場シェアを獲得したという。

 Kantarは、11月25日までの12週間にAppleの米国におけるスマートフォンのシェアが53.3%に達したとしており、「iPhone 5」の好調な売れ行きを理由の1つとして挙げている。この数値は前年同期の35.8%を上回っており、今後も上昇が見込まれる。

 「Appleは市場シェアが初めて50%を超え、米国での画期的な水準に達した。この数値は12月にかけてさらに拡大すると思われる」と、Kantarのグローバル・コンシューマー・インサイト・ディレクターを務めるDominic Sunnebo氏は声明の中で述べている。

 同じ時期に、「Android」の米国における市場シェアは前年同期の52.9%から41.9%へと落ち込んだ。

 ただし、欧州での状況はAppleにとって明るいものではなかった。同じ12週間にサムスンは欧州の主要5カ国で44.3%のシェアを獲得し、スマートフォンメーカーのトップとして君臨した。2位がAppleでシェアは25.3%、HTC、ソニー、Nokiaが3位の座を争った。

 全体としては、Android携帯電話が欧州において61%のシェアで首位となり、前年同期の51.8%からシェアを伸ばしている。

 このデータをまとめるにあたって、Kantarは12カ国の消費者グループを調査した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集