logo

パナソニック、三洋電機のデジカメ事業を譲渡へ

加納恵 (編集部)2012年12月21日 18時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックグループの三洋電機は12月21日、三洋DIソリューションズ(三洋DI)が手がけるデジタルカメラとデジタルムービーカメラ事業を、投資会社アドバンテッジパートナーズ(AP)の特別目的会社AP26に譲渡すると発表した。

 三洋電機のデジタルカメラ、デジタルムービーカメラ事業は、7月に別会社化された三洋DIが運営しており、パナソニックは三洋DIの全株式を2013年3月31日付けで、AP26に譲渡するとのことだ。

 パナソニックでは、デジタルカメラ、デジタルムービーカメラ事業における強化策を推進してきたが、市場の激化に伴い、競争力を維持し、より優れた製品を提供していくためには、事業をさらに発展できるパートナーのもとで事業運営することが望ましいと判断。今回の事業譲渡に至ったとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]