logo
2013年の展望

Facebookの2013年を考える--予想される5つの動き - (page 2)

Paul Sloan (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月25日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 例えば、Facebookはユーザーが「Like」したレストランの特典を知らせてくれるかもしれないが、ユーザーが空腹か否か、または食事をする時間があるか否かについても認識してくれたらはるかに良いものとなるだろう。FacebookのプロダクトディレクターであるSam Lessin氏は、米CNETとのインタビューで次のように語っている。「誰も、自分にリーチしたいと考えている企業すべてから情報を欲しいとは思わない」

2. Yelpライクな評価システム

 FacebookはYelpを買収すべきだ。Facebookの時価総額はYelpの約50倍なので、金銭的には問題にはならないだろう。買収協議は脇に置くとして、理由はこうだ。Facebookには、YelpやTripAdvisorのような評価サービスが必要だ。先の項目で触れたように、ユーザーが何に興味を持つかを分析する一助とするためである。Nearbyの開始は、Yelpやfoursquareに対する直接攻撃だ。

 Facebookの「Like」は、チェックインやシェアと同じく、同社に役立つデータをもたらしている。しかし、Facebookは有益なデータをさらに必要としている。Yelpのような立派な評価システムがあれば、Facebookはさらに構造化されたデータを得ることができるだろう。そして、このようなシステムを加えること(そして、それは買収ではなく構築することによってとなりそうだが)は、Facebookの検索に対する野心を高めることになるだろう。われわれがFacebookの検索について知ったのは、Zuckerberg氏が9月、検索事業に取り組んでいるチームがあることを世界に向けて語った時だ。Facebook版ソーシャル検索は、2013年に現れてくるだろう。

3. Instagramの収益源化

 FacebookとInstagramの面々は、2012年を大炎上とともに終えることとなった。Instagramがユーザーの写真を売ることができるよう、サービス利用規約を改訂した後のことだ。急激な反発を受けたことで、Instagramは規約全体の見直しを即座に約束することを余儀なくされた。

 それでも、Facebookはこの混乱を乗り越えるだろう。たとえ数百万人のユーザーが退会したとしても(Flickrなどはこうした人々を引き込もうと頑張っている)、1億以上のユーザー数を誇るInstagramはおそらく簡単にこれを切り抜けるだろう。同社の成長は極めて堅調で、人々はその買収金額の急落、つまりFacebookの株価下落を受けて実に約2億8500万ドル下がったことについて、もはや話題にしなくなった。この買収は、Facebookがモバイルへの取り組みを一気にスタートする上で、戦略的に意義あるものとなった。

 Instagramは、たとえユーザーのバケーション写真を広告主に売らなくても、Facebookにとって大きな収益源となるだろう。12月の規約改訂で実現したことだが、Facebookは現在、Instagramを通じて集めたデータをFacebook自体から集めたデータと合わせて手にしている。そのため、Facebookは、収益拡大のためのありとあらゆる戦術を強化するものと期待できる。

 そのための方法として最も疑いの余地がないのは、広告である。Facebookはユーザーをいら立たせないよう物事を慎重に進める必要があるものの、一部のアナリストは、Instagramが今後3年間で7億ドルを広告から生み出し、その取り組みが2013年から登場し始めることを予測している。どのような広告になるのかは不透明だが、Facebookは、ユーザーの携帯電話の画面を乗っ取るようなことはしないつもりだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]