国際宇宙ステーションでの生活--写真で見る宇宙飛行士の食事や睡眠 - 13/16

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年01月05日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 睡眠モニタリング装置を体中に付け、自分のスリープステーションのそばに立つJohn Glenn氏。1998年に、地球周回軌道上のスペースシャトルDiscoveryのミッドデッキで撮影した。

 乗り物酔いなどの症状や、宇宙にいるという興奮だけでも、宇宙飛行士の睡眠パターンを乱す原因になる可能性がある。睡眠用の設備は狭く、すぐにほかの人の様子が聞こえてしまう。さらにミッション中は、90分に1回という頻度で日の出がやって来る。宇宙飛行士の中には、窓越しに差し込む太陽光線が目に入らないようにアイマスクを使う人もいる。

 睡眠モニタリング装置を体中に付け、自分のスリープステーションのそばに立つJohn Glenn氏。1998年に、地球周回軌道上のスペースシャトルDiscoveryのミッドデッキで撮影した。

 乗り物酔いなどの症状や、宇宙にいるという興奮だけでも、宇宙飛行士の睡眠パターンを乱す原因になる可能性がある。睡眠用の設備は狭く、すぐにほかの人の様子が聞こえてしまう。さらにミッション中は、90分に1回という頻度で日の出がやって来る。宇宙飛行士の中には、窓越しに差し込む太陽光線が目に入らないようにアイマスクを使う人もいる。

提供: NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]