国際宇宙ステーションでの生活--写真で見る宇宙飛行士の食事や睡眠 - 12/16

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年01月05日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 スペースシャトル「Discovery」がISSにドッキングされている間に、ミッドデッキに取り付けられた寝袋でまどろむ宇宙飛行士のPam Melroy氏(左)、George Zamka氏(右下)、Paolo Nespoli氏。

 通常、宇宙飛行士はミッションの1日の終わりに8時間の睡眠を取るスケジュールになっている。ただし、地球上で寝る場合とほぼ同じで、睡眠の途中でトイレに起きることもあるし、遅くまで起きていて、窓の外を眺めていることもある。地球で眠る時のように、宇宙飛行士は夢も悪夢も見るし、いびきもかく。

 スペースシャトル「Discovery」がISSにドッキングされている間に、ミッドデッキに取り付けられた寝袋でまどろむ宇宙飛行士のPam Melroy氏(左)、George Zamka氏(右下)、Paolo Nespoli氏。

 通常、宇宙飛行士はミッションの1日の終わりに8時間の睡眠を取るスケジュールになっている。ただし、地球上で寝る場合とほぼ同じで、睡眠の途中でトイレに起きることもあるし、遅くまで起きていて、窓の外を眺めていることもある。地球で眠る時のように、宇宙飛行士は夢も悪夢も見るし、いびきもかく。

提供: NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]