logo

グーグル、検索サービスを変更か--FTCの独禁法調査終結に向けて

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月17日 12時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Politicoの報道によると、米連邦取引委員会(FTC)は、Googleが自主的に検索サービスに変更を加えることを条件に、同社の独占禁止法違反に対する2年にわたる調査を終結させるかもしれないという。

 匿名の情報筋からの話をもとにしたPoliticoの報道によると、検索業界の巨人であるGoogleは、YelpやTripAdvisorといったサイトから抜粋してきたテキストを引用し、検索結果に表示している「スニペット」の取り扱いを変更する旨、発表する準備を行っているところだという。Yelpをはじめとする企業は、自社コンテンツを許可無く使用しているとしてGoogleを非難していた。

 また同報道では、Googleが同社の検索連動型広告を競合検索サービスに容易に移行できるようにもすると伝えている。

 Politicoは米国時間12月11日、FTCが検索関連の今回の件を、独自にGoogleを調査している欧州委員会に任せるかもしれないと示唆していた。またReutersは同日、Googleに競合する一部の企業が劣勢になることを察して、司法省に提訴しようとしていると報道していた。

 Politicoの報道によると、検索サービスの変更に関する15日付けの記事に対して、FTCはコメントを避けた一方、Googleは「われわれはFTCに協力し続けていくとともに、彼らのあらゆる疑問に対して進んで答えを提供する用意がある」という声明を出すにとどまっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集